Beauty collection

痩せる方法まとめました

1か月で5キロ痩せる人続出!ビーフジャーキーダイエットの効果と方法


ビーフジャーキーでダイエット?

肉だし、むしろなんだか太りそうな気もするけれど…?

そんなあなたに今日はこのビーフジャーキーを使って無理なく我慢なくダイエットする方法を紹介します。

確かに食べるだけではあまり効果がありませんが、ポイントを押さえて実行すればこのビーフジャーキーはダイエットの強い味方になってくれるんですよ。

1か月で5キロ瘦せる方法としても紹介されているので、ダイエット初心者にも必見です。


ビーフジャーキーダイエットとは

ビーフジャーキーといえば「テング ビーフステーキジャーキー」 ですよね!

ビーフジャーキーダイエットとはかんたんに解説すると…

ビーフジャーキーは低カロリー&タンパク質で味がしっかりしており、よく噛んで食べることで満腹感も得られることから、食欲を抑えきれない時に最適な食べ物。ビーフジャーキーを上手く利用することで、ダイエットも我慢することなく続けることが可能。

という感じです。
ダイエットが辛い時や食事制限などダイエットの味方になってくれます。

ビーフジャーキーのダイエット効果

ビーフジャーキーのダイエット効果は大きく2つ。詳しくみていきましょう。

噛みごたえで満腹効果

噛みごたえがある食品はダイエットに最適です。特にビーフジャーキーは固くて何度も噛んで食べる食品です。

それゆえ満足感も得られます。

低カロリーで高タンパク

ビーフジャーキーは高カロリーと思いがちですが、実は100gあたり315カロリーと低い食べ物です。

さらに脂肪を燃やす作用を促したり、健康的な筋肉を作るビタミンB、たんぱく質、亜鉛が多く含まれているためぜひ取り入れたい食材です。



ビーフジャーキーダイエットの効果を高める方法

ビーフジャーキーダイエットは、1食置き換えまたはおやつとして食べることをオススメしています。

食間に食べればお腹がある程度満足されますので、次の食事の量は必然的に減りますね。

これで1ヶ月で5kgも痩せた人もいるそうですよ。

その他に無理して食事制限することはありません。

ビーフジャーキーをよく噛むことで食事量が減り、簡単にダイエットができるのです。

またトマトジュースと一緒に飲むことで効果は倍増します。

原料となるトマトには利尿作用のあるカリウムが多く含まれているため、ビーフジャーキーを食べて塩分を多く摂りすぎたという場合にも、トマトジュースで効率よく体外に排出することができます。

また、たんぱく質の吸収を良くするリコピンが含まれていたり、肌の老化を防ぐ抗酸化作用もありますのでダイエット+αな効果が得られます。

ビーフジャーキーダイエットの注意点

食べ過ぎると塩分過多に

ビーフジャーキーには塩分が多く含まれています。塩分は1日5gまでに抑えるべきなので、食べ過ぎるとあっという間に超えてしまいます。食べる際は量に注意しましょう。

糖質とカロリーはほどほどに

ビーフジャーキ自体にカロリーや糖質を減らす効果があるわけではないので、ビーフジャーキーを食べているからと言って好きなものを好きなだけ食べていいわけではありません。

当然ですが食事はある程度カロリーや糖質を考えながら食べるよう心がけましょう。

肉=ダイエットの敵ではない

2cc5408f
出典:dm.ldblog.jp

ダイエット中でも肉は必要です。

ダイエット中に不足しがちなのがタンパク質です。タンパク質は1日50gは摂るべきだと言われていますが、タンパク質が豊富なお肉を敬遠していませんか?実は脂肪分が少なくタンパク質が豊富なビーフジャーキーこそ、ダイエット中には最適なのです。

タンパク質が不足すると体おこる影響もまとめておきます。

①食欲がとまらなくなる
タンパク質が不足すると食欲が増進します。いくら食べても脳が満足せずに食べ続けろと指令を送るからだそうです。逆にタンパク質を十分に摂っていれば脳がそれを察知してお腹いっぱい=もう食べなくて大丈夫、という状態になります。

②精神が不安定になり、やけ食いも
体はもちろん、脳についてもタンパク質は重要な成分です。タンパク質が不足すると精神が不安定で落ち着きがなくなったりイライラしたりします。またやけ食いという行動に出る方もいるようです。

③代謝が悪くなり筋肉が衰える
タンパク質は筋肉の元となるとても重要な栄養素です。食事制限などでタンパク質が不足した場合、脂肪はなかなか落ちませんが筋肉はすぐに落ちてしまいます。

筋肉が落ちてスリムになればいいのでは?と思うのは間違いです。筋肉が減ると代謝が悪くなり、脂肪もなかなか燃焼されません。身体の活動も活発ではなくなってきます。痩せても筋肉量を維持することが大切です。



まとめ

kawaii

肉って実はダイエット向けの食品なんです。特にビーフジャーキーは脂肪分の少ない肉なのでなおさら向いているといえます。

おそらく肉を食べて太った、という方は、太った原因はおそらく肉ではなく、そのあとに食べた炭水化物や甘いおやつなどが原因のことが多いはず。肉を我慢して代わりにパンを食べていてはむしろ太る一方です。

同じカロリーでも食べるだけで体の内側から脂肪を燃焼してくれる肉などのタンパク質を意識してとるほうが痩せやすく、代謝も上がりやすいです。これを機に一度食生活も見直していきましょう。

ダイエット食材一覧

食材 × ダイエット|痩せる方法と注意点をみる


 - ダイエット食事